何故昼にあるのか

現在、キャバクラには昼キャバというものが多く存在しています。
では、何故昼にキャバクラを行うようになったのかというと、簡単に言えば条例の強化です。
キャバクラは、風営法で営業許可を取っているため、基本的に24時で閉店となります。
昔であれば、24時を超えても営業することができていたため、大きな売上ダウンとなってしまいました。

ですが、売上を減らしたまま営業するというのは、人件費であったり、運営費であったり、家賃であったりというものが払えなくなってしまうおそれがあります。
特に、キャバクラでは働く女性のモチベーションを保つために、比較的給料を高く設定しています。
そのため、より多くの経費が掛かってしまうのです。

このように、営業することに多くの金銭が掛かってしまうものであるため、現在は昼キャバというものが登場しているのです。
昼キャバというのは、深夜手当等が付かないものであるため、従業員の給料を若干抑えることが出来ます。
また、このように経費が掛からないということから、利用料金も若干安くなっているというのが良いところです。
そのため、昼キャバを利用すれば非常に安価にキャバクラを楽しむことが出来るようになっているのです。
なので、現在はキャバクラを利用するのに、大きな金額が掛かるということはほとんどなくなっています。

外部リンク

美人キャストと楽しくお酒を飲みたいならミナミの昼キャバ1カラットがおすすめ。夜よりもリーズナブルに利用できるので、ぜひ一度立ち寄ってみてください。

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし